東京のレストランウェディングを口コミや費用相場と一緒にご紹介

レストランウェディングでは、ご祝儀は必要?

レストランウェディングのご祝儀の必要性は、新郎新婦との関係性や挙式のスタイルなどによって事情が大きく異なります。

そのため、ウェディングの当日に恥をかかないために、早めに新郎新婦に直接問い合わせたり、友人や親族と意見を交換したりすると良いでしょう。

高級な料理が出るウェディングでは相応の金額を包もう

高級な料理が出るレストランウェディングに招待された場合には、新郎新婦の経済的な負担を軽くするために、数万円程度の金額を包むことが大切です。

特に、メディアで話題の有名なレストランが会場に指定されているケースについては、当日に恥ずかしい思いをしないようにするため、ご祝儀の金額について新郎新婦に早いうちに尋ねたり、色々な立場の人と意見交換をしたりすることがおすすめです。

最近では、レストランにおけるウェディングの際に包む金額の相場について様々な結婚情報誌やテレビ番組などで特集が組まれることがあるため、仕事や家事の合間を縫って必要な知識を身に付けておきましょう。

その他、各地のウェディングのサービスに定評のあるレストランにおいては、公式サイトやパンフレットなどにゲストに向けた案内が掲載されることがあるため、挙式の当日までに目を通しておくと良いでしょう。

会費制のウェディングなら余計なお金は必要ない

レストランを会場に行われる会費制のウェディングは、ご祝儀が必要ないことがほとんどのため、余計なお金を持たずに参加することができます。

最近では、五千円から一万円程度の会費が設定されているウェディングが増えており、それほど経済的な余裕がない人でも参加しやすいといったメリットがあります。

また、カジュアルなレストランを会場に設定する場合には、一人あたりの会費が五千円未満になるケースもあり、派手なウェディングを望まないカップルの間で注目が集まっています。

なお、ウェディングの会費の相場については、契約先のレストランの方針料理のメニュー担当のシェフの経歴などに大きく左右されます。

そのため、将来的にウェディングに招待される機会が増える人であれば、日ごろからテレビや雑誌などを参考にしながら、色々なスタイルのウェディングの特徴について把握をしておきましょう。

親族や会社の上司は出費が多くなることもある

レストランウェディングに参加をする際のご祝儀の金額は、新郎新婦の親族や会社の上司であれば、他のゲストと比べて高額になる傾向があります。

特に、料理のメニューや会場内の雰囲気などにこだわりがあるレストランのウェディングに招待を受けた場合には、五万円以上の出費が掛かることも珍しくありません。

そのため、いざという時に備えて、当日に余裕を持って紙幣を持参することがポイントです。

また、レストランで披露宴を行った後に、二次会や三次会が行われるケースについては、トータル的な出費が十万円を超えることもあります。

そこで、少しでも分からないことがあれば、事前に冠婚葬祭に関する雑誌や情報サイトなどをチェックしたり、実際にレストランのウェディングに参加をした人からアドバイスをもらったりすると良いでしょう。

 

レストランウェディングに招待された場合には、当日に落ち着いて行動をするために、早い時期にご祝儀の必要性や金額について把握をすることが何よりも大切です。

特に、高級なレストランで開かれるウェディングに参加をするにあたっては、新郎新婦との関係や料理の内容などによって、数万円以上の費用が掛かるケースも珍しくありません。

そのため、おおよその費用について詳しく知るために、招待状に目を通して会場に指定されているレストランの特徴を調べたり、新郎新婦と直接コンタクトを取ったりすることがおすすめです。

その他、レストランウェディングに関する情報誌や参加者の口コミなどを参考にしながら、便利な情報を集めることも大事です。

サイト内検索
ランキング
東京レストランウェディング
SWEET W(スウィートダブル)
Arrival(アライヴァル)
アディックウエディング
Heart Tree Wedding(ハートツリーウェディング)