東京のレストランウェディングを口コミや費用相場と一緒にご紹介

レストランウェディング時の服装について

レストランウェディング時に服装について

 

今レストランウエディングを望むカップルが増えていることはご存知でしょうか?

レストランウェディングとは、

普段はレストランとして経営している店舗を貸し切って行われる挙式や披露宴のことを言います

 

レストランウエディングは、

料理の味や細かなリクエストにも応じてもらえたり、

会場のレイアウトを自分たちの好みに設定できる

招待客一人一人に目が行きやすい点 

など比較的リーズナブルに挙式が出来ることから、今多くのカップルから支持を集めている近年人気の高い結婚式スタイルとなっています。

普通の結婚式場での挙式とは違うので、肩ひじ張らず、おいしい食事をみんなで楽しむことが出来るのでゲストも新郎新婦もみんなで楽しむことが出来ます。
では、レストランウェディングではどんな服装が望ましいのでしょうか?

 

レストランウェディングに望ましい服装とは?

お店を貸し切ることでアットホームな雰囲気でできるのがレストランウェディングの最大の特徴です。
アットホームにできる分、一体どんな服装が望ましいのでしょうか?

〇男性の場合

本格的な式場やホテルウェディングの披露宴に出席するようなかしこまった装いに比べると、服装の幅は広がるのではないでしょうか?

だからと言って、あまりにカジュアルにしすぎるのもその場の雰囲気に合わない格好になってしまいます。
この場合、略礼装と呼ばれる服装が望ましいかと思います

略礼装とはブラックもしくはダークカラーのスーツに白シャツと黒靴です。
明るい色や派手な色、ビジネススーツに奇抜な色のシャツや靴はNGです。
おしゃれをしたい場合は、ネクタイを光沢のあるものにしたり、カフスボタンやポケットチーフにこだわっておしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

〇女性の場合
女性も男性と同じく略礼装でOKです。
無地のワンピースにストールやボレロ、ジャケットの組み合わせが略礼装です
式や披露宴が昼間であれば、服やアクセサリーは光沢が強すぎないものを選びましょう

夜のウェディングは逆に華やかにするといいでしょう
服やバッグの素材やアクセサリーでイブニング感を演出するのもいいでしょう。
ただし、素足やかかと、つま先が出るものは避けましょう

和装で出席もマナー違反ではないので大丈夫です
レストランウェディングはコンパクトな会場なので、帯や袖が場所をとることがあります。
着物を着ていく場合、事前にお店をリサーチするといいでしょう

 

〇もし招待状に平服でお越しくださいと書いてあったらどうすればいいのでしょうか?

平服とは普段着を指しているように聞こえるかもしれませんが、平服とは礼服でも構わないという意味です。

よってこの場合は、モーニングやイブニングドレス、タキシードやフォーマルを指します
平服と書かれていたからと言って、ジーパンやティーシャツでくるとマナー違反です。
平服は普段着ではありませんので、その辺を十分間違えないようにしてください

 

アットホームにできるのがレストランウェディングの特徴

レストランウェディングは、通常の結婚式場よりもアットホームに行えます。
リーズナブルで肩ひじ張らずに挙式が出来るので多くの人から注目されている挙式方法です
もしレストランウェディングの招待状が来たら、

男性はブラックやダークカラーのスーツに白シャツや黒靴

女性は無地のワンピースにスカーフやボレロといった服装が望ましいでしょう。

夜の場合は少し華やかにしてもかまいません。
男性はポケットチーフでお洒落をしたり、女性も光沢のあるアクセサリーやカバンでお洒落を楽しみましょう。
きちんとマナーをまもりながら、楽しい結婚式を作りましょう