東京のレストランウェディングを口コミや費用相場と一緒にご紹介

レストランウェディングの歴史とは?

レストランウェディングはレストランを借り切って結婚式を挙げる挙式スタイルのことです。

レストランウェディングの歴史は明治時代からありました。

当時はレストランでウェディングを挙げることができたのは、一部の上流階級の人のみで、明治時代は自宅で結婚式を行うのが普通でしたのでレストランでの挙式は珍しい時代です。

日本での結婚式の歴史は、明治時代に結婚の記念に写真館が夫婦を撮影したのが始まりで、結婚記念の写真を撮ることが大流行しました。

 

バブル崩壊後に流行したレストランウェディング

レストランウェディングが一般的に浸透し始めたのは、今から30年以上前の1990年代のバブル崩壊後からでした。

バブル時代に繁盛した高級レストランは景気が一気に悪くなってしまうと経営難に陥り、世の中は一気に不景気モードになってしまったのです。

バブル前は派手な結婚式が挙げられていたのですが、バブル崩壊後はお金をあまりかけない結婚式が流行し、レストランウェディングが大流行することになりました。

2000年に入るとレストランが結婚式場を提供するのではなく、挙式を専門に行うハウス型ウェディングサービスが始まりました。

美しい庭園と小さな教会が用意されたレストランウェディングはまるでお洒落な外国の邸宅の中で挙げる結婚式のようですので、若いカップルから熟練カップルまで人気があります。

東京など都心を中心に静かなブームになっていますので、これから挙式を挙げる方はじっくりと会場選びをされるとよいでしょう。

提供される料理はレストランによって違いがありますので、どのような料理が出されるのかもよく調べた上で選ばれると良いかもしれません。

 

レストランウェディングの良いところ

レストランでの結婚式の良いところはホテルや結婚式場では提供されない本格的な料理を頂くことができるという点です。

美味しい料理を頂くことができる以外にも、結婚式場やホテルで挙式を挙げた時よりも費用を安く抑えることができます。

参加者もレストランウェディングでの挙式なら、正装で着飾る必要はありませんので気軽に参加しやすいという点です。

レストランでの挙式はやはりレストランが会場というだけあって、料理の質がよく温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供されることです。

料理に対する細かい気配りもしてくれますので、小さな子供が参加している場合は子供用に料理を食べやすくカットしてくれたり、お年寄り用の食事の提供など気配りをしてくれます。

 

現在は色々なタイプの会場が用意されている

現在は挙式を行うレストランウェディングの会場がたくさん増えてきており、利用するカップルの数も増えてきました。

郊外にある会場や東京などの都心部にある会場など色々な場所がありますので、どの会場にするか選択肢も広がっています。

結婚式はお金がかかってしまうというイメージがありますが、レストランウェディングなら格安で結婚式を挙げることができますし、自分達のスタイルで挙げることができるという魅力もあります。

料理の質もよく、ゲストに合わせた細かい気配りもしてくれるため、挙式に参加してくれたゲストにも大変喜ばれることでしょう。

 

レストランウェディングの歴史は明治時代からで一部の上流階級の人に利用されており、写真館で結婚記念の夫婦の写真が撮られるようになりました。

レストランでの挙式が浸透し始めたのは1990年代からでバブル崩壊後からで、ホテルでの挙式とは違い、レストランウェディングは挙式費用を格安に抑えることができます。

レストランが会場であるメリットは本格的な料理を頂くことができる以外にも挙式を安く抑えることができるという点です。

 

サイト内検索
記事一覧