東京のレストランウェディングを口コミや費用相場と一緒にご紹介

レストランウェディングを挙げる際の注意点

近頃ではレストランウェディングが非常に人気となっています。

レストランを借り受けての結婚式になりますが、オーソドックスな式場と比較して、ゲストに対しての距離も相当近くなりますので、対話も多く行うことが出来ますし、味が良くて温かい料理を提供できます。

非常に便利ですが、注意点も複数ありますのでしっかりと理解しておきましょう。

スペース面での不自由さがあります

まず第一に意見として目につくのが、待合室並びに控え室がない、あるいは小さいというものです。披露宴会場等には親族の控え室が準備されているのが通常ですが、レストランによりましては控え室と等しいスペースがないこともありますので注意が必要です。着替えに欠かせない場所であるとか、式の進行をする上で新郎新婦が一回ゲストから見ることができない所に行きたいときに、そのようなスペースがないケースがあります。

結婚式に取り組む前提で建てられた会場でないことが大半ですから、場所的な不自由さがやはりでてきます。結婚式に訪問した人が着替えるようなスペースもない、或いは少ないケースが多いので、頭に入れておきましょう。着替える所が新郎若しくは新婦の片方と一緒ということもあるかもしれません。あらかじめ、聞いておくといいかもしれません。 それに加えて限定されたスペースにある程度多い人が詰め込まれる事が多いため、人によって快く思わない人がいる可能性もあります。しかしながら会場を変更しない限りこの部分はどうしようもありません。 椅子等の並べ方で創意工夫をするしかありません。

個々の店舗によってサービス内容が異なります

また、会場によってサービスのタイプが全く異なってきます。それは良い部分もありますが、注意すべき点となることもあるでしょう。

レストランでのウェディングは、この通りに行うという決まりがありません。 取り敢えず実際の店舗の人と話し合いをするしかないのですが、スタート時から絶対に実行したいという演出があるのであれば、それを行なって貰う前提で店舗探しに取り組むしかありません。会場を決定した後ではできませんとはねつけられて終わる可能性が考えられます。それを回避するためには、前もっての準備を欠かすことが出来ません。

宿泊施設がない点及びプランを練る必要があります

さらに、当たり前のことですが宿泊が不可能なことです。宿泊施設がセットされておらず、遠方から来るゲストが多いケースでは宿泊施設の手配が厳しいかもしれません。 駅の近い所で交通の便が実用的なレストランであればそれほど問題にはならないかもしれないのですが、駅から少々距離のある所のレストランだとアクセスが大変です。ホテルなどにおいては送迎のためのバスが出ることもありますが、レストランでのウェディングに関しましては送迎バスもないところが非常に多いことから、高齢者のゲストが多いケースではデメリットになります。遠方からくるゲストへは、ホテルの手配などを別に実行しておかなければなりません。   それに加えて、アクセスのし易い位置にあるか否かもチェックしておくと、ゲストに可能な限り負担を強いないようになります。

また、オリジナリティーを出せるのが特徴となります。具体的には、招待状や引き菓子、ビデオ撮影や衣装などの欠かすことができないものを自分自身で準備することが出来ます。これらについては、ホテル挙式よりもこだわりを持ったクオリティーの非常に高いものを選定することも可能です。しかしながら、それと引き換えに細かな計画を立てておかなければならない必要性もありますので注意しなければならないところとも言えます。

美味しい食事でもてなすレストランウェディングについては、ゲストの満足度が上昇すること間違いありません。 料理の費用対効果もとても高いので、ロープライスでの結婚式を考えるカップルにも最適です。 しかし、注意すべき点もありますので、しっかりと理解し、会場を選びましょう。