東京のレストランウェディングを口コミや費用相場と一緒にご紹介

会費制のレストランウェディングのメリット・デメリット

会費制のレストランウェディングのメリット・デメリット

結婚式や披露宴ではご祝儀制が主流ですが、結婚式の二次会やカジュアルな結婚パーティーでは会費制が多くみられます。

レストランウェディングもご祝儀制か会費制のどちらかを選択でき、どちらにするかで迷うケースも少なくありません。

会費制のメリット、デメリットについてよく理解し、どちらが最適なのかを考える参考にしてみましょう。

 

会費制にするメリット

ゲストの負担が軽くなることも、会費制にするメリットのひとつになります。
ご祝儀制の披露宴の場合、新郎新婦との関係性にもよりますがその相場は約3万円です。
一方で会費制にした場合の相場は、1~1.5万円とご祝儀の半分程度になるのです。

ゲストの経済的な負担を軽くできるだけでなく、ゲスト全員が一律で同じ金額を支払うのでご祝儀のようにいくら包むかでゲストを悩ませることもありません。

また新郎新婦の経済的な負担も軽くなります。
結婚式や披露宴を開催するのには、数百万円単位の費用負担がかかります。

会費制にすることで引き出物や引菓子を用意しなくても済むなど、新郎新婦の費用負担も少なくできるのです。

招待できる人数を増やせるのも会費制のメリットだと言えます。
結婚式や披露宴に誰を招待するのかは、新郎新婦も多いに悩むところです。

本当は招待したくても収容人数や予算の関係で招待できない方が出てくると、申し訳ない気持ちになりますし招待されなかった方も嫌な気分になるかもしれません。

会費制の場合、立食にすることで収容人数を増やせますし費用も安く抑えられるようになりますので大勢のゲストを招けるようになります。

スタイルにこだわらない結婚式や披露宴が行えるのも会費制の魅力です。
会費制の結婚式は形式にこだわることなく、さまざまなアイデアを取り入れた結婚式や披露宴が実現できるのです。

 

会費制のデメリット

ゲストによっては賛否両論が大きいのが会費制レストランウェディングのデメリットのひとつです。
会費制のウェディングスタイルは、特に親族や目上の人たちにとって目新しいスタイルになります。

中には会費制の結婚式に対して不満を持ち、やはり一般的な結婚式のほうがよかったと思うゲストも出てくるのです。

またご祝儀よりも会費がだいぶ安く済むことで、会費とは別にご祝儀やプレゼントを用意したほうがいいのかと余計な気を遣わせることにもなります。

料理に関してもビュッフェスタイルで提供されることが多く、子供や年配者、アレルギーを持っている方など細かい要望に応えられないのもデメリットです。

一般的には会費制のほうが新郎新婦の経済的負担を少なくできるのですが、やり方次第では費用負担が大きくなることもあります。

たとえば新論新婦が料理や装飾に費用をかけ過ぎたり、ゲストの負担軽減のために会費を安く抑えたりすると負担が大きくなるのです。

 

レストランウェディングで会費かご祝儀で迷ったときは

今まで結婚式といえば、ゲストはご祝儀を新郎新婦に渡して、格式高いホテルや結婚式場、ゲストハウスにて行われるのが一般的でした。

新郎新婦はゲストのために高級感あふれる雰囲気や質の高い料理やサービスでおもてなしをしたのです。

最近は結婚式も海外ウェディングやレストランでのウェディング、カジュアルなパーティーなど自由な形式で行うケースが増えてきており、会費制の導入が目立つようになってきています。

レストランウェディングができる会場も多種多様で、会費制がご祝儀制のどちらが適しているのかという判断が難しいのです。

会費制にするかどうかで迷ったときはまずは会費制のメリット、デメリットをよく理解することが先決です。
そのうえで自分たちがどんな結婚式をしたいのか、予算やゲストの年齢層などさまざまな要素を考慮したうえでどちらのスタイルが適しているのかをよく考える必要があるでしょう。