東京のレストランウェディングを口コミや費用相場と一緒にご紹介

レストランウェディングの打ち合わせについて

レストランウェディングの打ち合わせについて

レストランウェディングを成功させるためには、プランナーと入念な打ち合わせと準備が欠かせません。

レストランウェディングでも専属のプランナーがいますので、会場が決まってから何度か打ち合わせを重ねることになるでしょう。

プランナーとの打ち合わせの流れについて理解しておくと、結婚式準備のイメージがつかみやすくなります。

 

会場決定から挙式4か月前まで

春や秋は結婚式シーズンであるため、人気の会場はすぐに予約でいっぱいになってしまうことがあります。

レストランウェディングも最近は人気が高いスタイルのひとつですから、早めに式場の見学と予約をしておいたほうが安心です。

その時期に結婚式を挙げることを考えているカップルの中には、1年以上前から計画的に式場探しを始めているほどです。

○会場を決めるポイント

実際にいくつかの会場を見学して、その場にいるスタッフに質問や相談をしながら会場を絞り込んでいきます。

相談に関しては無料で引き受けてくれるところがほとんどですので、この時にプランナーの対応や会場の雰囲気、料理の味などをよく比較して最適な会場を決めていきましょう。

○会場が決まったら

プランナーより当日までのスケジュール説明がありますので、説明をよく聞いておきます。

既に自分たちの中で希望やプランが決まっているのであれば、挙式までだいぶ時間があったとしても早めにプランナーに相談できます。

準備が忙しくなる前にじっくり相談の時間があったほうが、余裕を持って準備がすすめられるようになります。

 

挙式4か月前

○結婚式のテーマやコンセプト、会場内の装飾やレイアウト、やりたい演出を具体的に決めていきます

演出によってはプロジェクタなどの機材や設備が必要になりますので、レストランにあるのかどうかを打ち合わせ時に聞いておきます。

併せて必要なグッズや装飾アイテムを自分たちで持ち込むのか、レストランで手配してもらえるのかどうかをよく確認しておきましょう。

当日提供する食事について何か希望があれば、この時期にシェフやパテシィエを交えて打ち合わせを行います。

自分たちに馴染みの深い食材や料理を取り入れてほしい、ゲストの目の前で食事を作ってほしいなど細かい要望があれば打ち合わせの時に伝えておくようにしましょう。

そろそろ招待状も準備する時期になりますので、招待者リストを作っておき招待状を依頼するのか、自分たちで作成するのかを決めます。

 

挙式約3か月前の打ち合わせ

招待状を作成して発送します。
レイアウトや装飾についても詳細を決めていき、それらに必要な物をレストランで手配してもらうのか、自分たちで準備するのかを相談します。

レストランウェディングの場合、ドレスやヘアメイクはレストランで手配してもらえるか、もしくは自分たちで持ち込みとなりますので、その点もよく確認しておきます。

写真やビデオ撮影についても自分たちでカメラマンを手配するか、レストランに依頼するのかをよく考えておきます。

 

1か月前から挙式当日まで

○挙式まで1か月を切ると準備も慌ただしくなってきて、打ち合わせの回数も増えてきます
◆当日ゲストに提供する料理やドリンク、スケジュール、レイアウトや装飾の最終決定も行わなくてはいけません。

支払いについても確認しておきましょう。
式前に内金を支払って式後に残金を支払う、事前に全額を支払うなど会場によって支払に関する規定はさまざまですので期日までに支払いを済ませられるように努めます。

挙式2週間前くらいには、と司会者との打ち合わせや、全ての最終確認を行い、当日を迎えることになります。

打ち合わせは結婚式当日まで何度も重ねることになります。
その都度疑問や不安に思ったことを解消できるようにしておくことが、スムーズに打ち合わせを進めるコツになります。